金魚にクロレラ!?

                          出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』

 クロレラ (chlorella) は、クロレラ科クロレラ属の淡水性単細胞緑藻類の総称。
 クロレラという名前は、ギリシャ語のchloros(クロロス、緑の意)と、ラテン語のella
 (エラ、小さいものの意)から合成された名前で、1890年にオランダの微生物学者、
 バイリンクによって発見命名された。
 直径2-10μmのほぼ球形をしており、細胞中に葉緑素を持つため緑色に見える。
 光合成能力が高く、空気中の二酸化炭素、水、太陽光とごく少量の無機質があれば
 大量に増殖する。ドイツの生化学者、オットー・ワールブルク (Otto Warburg) は、
 クロレラの研究で1931年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。 またアメリカの
 物理化学・生化学者のメルヴィン・カルヴィン (Melvin Calvin) は、クロレラを用いた
 光合成の研究により1961年ノーベル化学賞を受賞した。


 【健康食品として】
 乾物としての主な成分は、たんぱく質45%、脂質20%、糖質20%、灰分10%。
 その他にビタミンE、ビタミンKなどの脂溶性ビタミンを含む。
 たんぱく質含量が高いため、未来の食料資源のひとつとして栽培や研究が行われた
 時期もあった。そして、大量栽培のできるようになった現在では、健康食品などとして
 販売されている。しかし、食品としては問題点も多い。具体的には以下のようなものが
 挙げられる。
 ・光過敏症にかかること
 ・含有されるビタミンKが多いために抗血液凝固剤ワルファリンを服用している場合に、
  その効果が減じる恐れがあること
 ・細胞壁が強固なために消化吸収率が悪いこと(咀嚼によって細胞壁が噛み砕かれる
  ことは殆ど無いため、分子量の大きなたんぱく質などは、全く吸収されない)
 ・培養液の乾留物と一緒に食することになるため、健康への悪影響が懸念されること
 ・クロレラを服用し、健康を害した事例が多数報告されていること
 ・特有の匂いがあること


                           ◆

’70~’80年代に、なんだか国内で流行りませんでした?クロレラ(笑)
インチキ商法で、結構社会問題になったりしてた記憶もありますが、それはさて置き
実は、我が家の祖父母も愛用していた時期があり、食器棚の奥の奥に余剰在庫が
幾つか有ります(^^;;
f0138974_1094876.jpg

f0138974_1010096.jpg

f0138974_101029100.jpg

以前から“らんちゅう”愛好家の中で、その有効性を謳う方もいらっしゃり、定期的に
金魚へクロレラを与え、好結果を出されたというお話もまま耳にします。
その真意の程は解からないのですが、私も以前から投与しています。
噂でその効能は・・・

 ・ 色揚げ効果
 ・ 転覆病の治療・予防
 ・ 各細菌性疾病に対する抵抗力アップ
           ・・・など。

そもそも淡水に生息する緑藻類の一種なので、金魚の嗜好性は驚くほど良いです。
ただし、画像の様に錠剤のままでは金魚の口に入りませんので、小さなビニール袋
の中へ3粒ほど入れて、金槌で軽く粉砕してから投与します。

金魚食性嗜好では、ほっといても水槽や池などに湧く緑藻類を食べているものです。
美観を損ねますが、我が家の水槽でも壁一面にびっしり繁殖した緑藻類は落とさず、
金魚につつかせます。証拠に緑色の糞を排泄していますが、さらにクロレラを予防的な
意味を期待して(?)投与している訳です。
  
金魚の餌の、単種・単独投与に潜む危険性は、Gスタイルでも何度か書いてきました。
クロレラに対する個人的なインプレッションは、巷で謳われるほどの効能を未だ感じた
ことは有りませんが、少なくともその素生からもけして害の在る物とも思えませんので、
とかく飼育者の身勝手な都合の環境内でストレスを強いられる金魚達に、ご推奨して
おきましょう。
「ロイヤルゼリーを添加・・・」なんてお話もよく聞きますよね。いずれ別の機会に・・・。
[PR]
by G-kingyo | 2007-03-28 10:14 | 金魚四方山話

金魚の想ひ出・金魚にみた夢・お母さんに内緒の金魚・・・単一魚種を中心とした、Gと金魚の「愛と偏見」に満ちた?魚ログ


by G-kingyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリ

全体
我が家の浜錦(金魚)
よその浜錦(金魚)
金魚四方山話
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧