東錦を見て心癒されましょう~♪

* ぜんぜん関係ないお話しですが、yaplogとかいうブログ。せっかく興味深い
  サイトを見つけても、こう重たくては見る気も失せますね。
  オーナーさん、引越しを検討されてみてはいかが?(^^;
                                  ...................と、ぼやいてみる。

                            ◆

* さて、私もよく拝見している某金魚オークションより~
  いわゆる「関東東錦」ということですねー、品格・風情があってとても素敵ですね。
  金魚伝承などの専門誌では時々写真を拝見出来ますが、やはり現在では
  あまり見られなくなってしまったのでしょうか?
f0138974_15121174.jpg

  私もよく知る某ショップの店主様が解かりやすくて面白い解説を書いておられます。
  長文ですが、是非ご一読ください(^^)

 現在、一般に広く流通しているものは愛知県の弥富で生産されており、丸手の
 オランダ獅子頭の体型にキャリコの体色が乗った魚であるが、これとは別に
 日本古来の長手の東錦というのも存在し(本東、関東東と呼ばれている)現在とは
 違って池で飼育するのが一般的だった時代は、こちらの長手のタイプが主流で
 あったらしい。最近人気の高いS養魚場産の東錦も、この日本古来の東錦の血を
 色濃く受け継いでいる。現在では目にする機会が少なくなった長手の東錦だが、
 その魅力は大変奥の深いもので、一度はまってしまうとなかなか抜け出せなくなる
 ほどの魅力を持っている。

 私がこの長手の東錦の存在を知ったのは20年ほど前にフィッシュマガジンに
 書かれていた記事が最初だったのだが、第一印象は、キャリコ模様の東錦を
 見慣れていた私にとっては「ずいぶんあっさりとした色の東錦だなぁ」位の印象だった。
 しかし見れば見る程、浅葱色の体色に尾鰭に入る蛇の目模様の墨、前がかりのきいた
 尾鰭、そして頭に入るほんの少しの赤に底知れない魅力を感じるようになり、当時は
 インターネットなど無い時代だったので、無理を承知で長手の東錦の愛好家に手紙を
 書いて、数匹譲ってもらったのだが、とにかくその上品さは絶品で、今でもこの品種の
 飼育を続けている。

 長手の東錦は上見で鑑賞することでその魅力を発揮する魚であり、採卵しても体型、
 体色の両方において理想的な魚が出現する確率は極端に低いので、水槽飼育が
 主流の現在では廃れてしまったのは致し方ないことなのかもしれないが、現在でも
 この東錦を熱狂的に支持する方は少数ではあるけれど確実に存在し、完全にいなく
 なってしまうことは絶対にないと信じている。
 気の短い人には不向きかもしれないが、当歳、2歳、親魚と、その色彩は大きく変化し、
 とても息の長い楽しみ方が出来る品種である。

 らんちゅうと同様、東錦にもかつては日本東錦協会という全国規模の会があり、
 1970年代のフィッシュマガジンには度々優等魚の写真が紹介されていた。
 (リアルタイムで見てきた訳ではないが)しかしオランダ獅子頭の体型と泳ぎに
 色彩まで求めるとなると、その条件を満たす魚はほとんど残らず、徐々に衰退して
 しまったようだ。
 私もこの品種が好きで、未熟な腕で何度も繁殖させたことがあるが、らんちゅうよりも
 ずっと丈夫で孵化率も高いのに、良い魚はほとんど残らない。らんちゅうならばハネ魚と
 いえどある程度は鑑賞価値があるものだが、東の場合はハネ魚にはほとんど鑑賞価値
 が無いといって良い。しかも普通鱗の魚に限って体型が抜群に良かったりするものだから、
 「この体型で色が乗ってくれたらなぁ・・・」と思うことがしばしばである。そんなもどかしい
 品種であるが、当歳魚の頃はうすぼんやりとした浅葱色だったものが、2歳、3歳に
 なるにつれて徐々にはっきりとした模様になってくるのは何度見ても飽きないというか、
 苦労が報われたような気がして、止めようと思っても「もう少し頑張って飼ってみようかな」
 という気持ちにさせられるのである。そんなところがこの品種の魅力だと思う。

  ・・・ということです(^^)さらに~

 らんちゅうの世界で有名だった故小竹為成氏によると、理想の東錦はまず頭部の
 発育が充分で赤色があり、その三~五色の配置が良く鮮やかで感じが良いもので、
 尾芯は垂れ下がらず尾筒は太からず細からず、泳ぐときは重々と、また軽く上向き、
 又は下向きせず、賑やかに進むものが良いとのことである。
 尾形が良い魚というのはなかなか簡単に説明できないが、四つ尾で品位があり、
 味わいがあるのが名魚とされている。

  ・・・とあります。
  浅黄色、なぜこんなに日本人の心に染みるのでしょう・・・。
[PR]
by G-kingyo | 2007-08-25 16:26 | よその浜錦(金魚)

金魚の想ひ出・金魚にみた夢・お母さんに内緒の金魚・・・単一魚種を中心とした、Gと金魚の「愛と偏見」に満ちた?魚ログ


by G-kingyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリ

全体
我が家の浜錦(金魚)
よその浜錦(金魚)
金魚四方山話
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧