<   2008年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

こっちは、盛り盛り(^^;

* 完売と諦めていた金魚だったのですが、ご縁あって(^^;我家にやってきました。
 こんなこともあるんですねー・・・。
f0138974_17442671.jpg

 ↑写真ではご多分にもれず“青”が飛んじゃってますが・・・(^^;
  12~3cmサイズといったところでしょうか?我家に元からいる同寸金魚と比較に。
f0138974_17464729.jpg


                           ◆

* ついで(?)なので、他の金魚(同じ水槽内)も記念写真(笑)。

 「キャリコ高頭パール」 
 この仔達は購入時8~9cmくらいだったのですが、地道に大きくなってるようです。
 浅黄はみられないものの、なかなか可愛らしいですよ~。
f0138974_17492875.jpg

 こちらは「ブルーベース・キャリコ・クラウンパール」です。
 同じ様なスタイルの個体を選んでツーショット。ちなみに両方とも雌です。
f0138974_17551180.jpg

 こちらは「ブルーベース・ブルーキャリコ・クラウンパール」。通称=“青いの”(笑)
 やはり同じ様なスタイルの個体を選んで・・・雌が1匹のみ入ってます。
 購入先のお店では「~16cm」という表示でしたが、もう少し有ります、はい(^^;
f0138974_17573950.jpg

 同じく“青いの”(笑)
 写真は下手ですが、いやホントに青いんだってば!(^^; これは表示どおり16cm。
 でも充分デカイぞ(^^; この個体達はいずれも雄っぽいです。
f0138974_17583098.jpg

f0138974_180347.jpg


                           ◆

* “青いの” ど・な・い?........................あとは雄の○○を・・・(笑)
[PR]
by G-kingyo | 2008-02-29 18:10 | 我が家の浜錦(金魚)

平穏無事がいちばん・・・

* ・・・良いことですね。 
 ブルーベース、雌を中心にゴロゴロと(^^)
f0138974_9362351.jpg

f0138974_9365893.jpg

 しかしこうして見ると汚くなったなぁ~、この水槽(^^;

                             ◆

* あ、そうそう、新しい仲間もブルーベース。
f0138974_940570.jpg

 尾(形・さばき)が抜群にいいんだよなぁ~と・・・(^^;

                             ◆

* お江戸での乱痴気騒ぎ(?)がまだ堪えてます・・・とほほ。
[PR]
by G-kingyo | 2008-02-27 09:43 | 我が家の浜錦(金魚)

こりゃ、春めいた金魚たちで。。。。。。♪

* お江戸で沢山歩き廻ったので、太ももの内側と腰がやたら痛いぞ(笑)
 ま、50も近いオサーンですので、致し方ないといえばそれまでですが(^^;;
 仕事に成らんぞ。

                         ◆

* フルタニ金魚さん入荷のクラウンパール(高頭パール)達。 桜タイプ特有の
 “春”を感じる色柄が素敵ですね。
 
 そのクラウンパールに共通してみられる長手ボディーの特徴。 「個体差?」とは
 明らかに違い、おそらくそういった系統なのでしょう。個人的には歓迎すべき特徴です。
f0138974_8512451.jpg

f0138974_8522376.jpg

f0138974_8515466.jpg

 私も欲しいなぁ~(・・・でも、やや自粛モード ^^;)

                         ◆

* 浜錦はこの春に向けて色々と楽しみな情報を頂いております(^^)v
 期待しながら続報を待ちましょう、待ちましょう~♪
 
 浜錦について、お江戸出発前の/22(金)夜に、真摯かつ慎重なご質問を頂いて
 おりました(^^; 拙ブログを読んで下さったとある金魚屋さんからでした。
 私が常々ここでお馬鹿ばっかり言ってる主旨はおよそ賛同いただいた上で、
 はたと!私も気が付かされる処がありました。

 ここでその文章や、やり取りを披露する訳には成りませんが(^^;「浜錦という
 国産金魚を曖昧な位置づけにすることの無いように」
という主旨のエール。
 拙ブログを訪れて頂いた方々それぞれに、いろんなご意見や批判や感想を持たれる
 でしょうが、その様に言っていただくことは初めてだったこと、ましてや見知らぬ方からの
 エールだったので、素直に額面通り受け取ることと致します(^^;

 そうなんです。なにも浜錦について知っている人間はごくごく限られた一握りの
 愛好家だけではないですし、ましてや一握りの愛好家の為の金魚でもない。

 ・明らかな高頭パールに浜錦の名を付け配布しようとする問屋や販売店の行為。  
  >私の高頭パールを持参し、高頭パールとはいかなる金魚か問うてみたい。
 ・高頭パールとも浜錦ともとられるような曖昧な特徴の金魚の取扱方。
  >私の浜錦を持参し、浜錦とはいかなる金魚か問うてみたい。 (頭が弱いから
   「コレは高頭パールだね」なんていう時代でも状況でもない)

 今現在、浜錦がもう既に途絶えた金魚でこの世に姿が無いものなら話しは別ですが、
 生産者がおられフツウに流通している金魚です。(←あたり前田のクラッカー、古ッ!)

 リンク先様でもある「アンタレス」様で、興味深くかつ愛好家として昨今の状況を愁う
 コメントがのせられていました。
 「新品種を考える」→ http://hp.kutikomi.net/antares/?n=diary1
 特に②~③あたり、浜錦も同じ様な状況に成らないことを祈るばかり。

 いいですか、浜錦は生産者がおられフツウに流通している金魚です。
f0138974_10243330.jpg

[PR]
by G-kingyo | 2008-02-26 10:24 | よその浜錦(金魚)

へろへろ~(^^;

* とあるイベントでお江戸詣で~、もうへろへろですわ。
f0138974_14505322.jpg

                          ◆
f0138974_14513528.jpg

f0138974_1452656.jpg


 いっさい金魚とは関係の無い写真で失礼(笑)!
[PR]
by G-kingyo | 2008-02-25 14:52 | 金魚四方山話

いいですか、ちょっと早いですが(笑)

* ・・・到着でしたぁ(^^; 目幅・目先・体形・鱗・頭(かしら)
f0138974_1323235.jpg

f0138974_13241053.jpg

f0138974_13244715.jpg

                             ◆

* あ、そうそう。
 拙ブログは画像をクリツクしますると、大きな画像になりますよ(^^;
 
 ええっ!丸くないから浜錦っぽくないんですか?
 えええっ!浜錦にしてはパールが弱いんですか?

 そうですかぁ、
 あなたのイメージの浜錦はどうやら高頭パールの様ですね。

 ところであなた、高頭パールってご存知ですか?
 そんなあなたに、素敵なブログの素敵な金魚写真を紹介致しましょう。

 (リンク先様↓)
 http://inakamomonga.blog31.fc2.com/

 さ、どうです?
 私がいくら逆立ちしても、到底このような素敵な金魚は作れないだろうなぁ~。
[PR]
by G-kingyo | 2008-02-20 13:50 | 我が家の浜錦(金魚)

いいですか、ちょっと勘違いしないで下さいよ(笑)

* また可愛らしくも、素敵な金魚が入荷されておりますね。「浜錦」ですね~(^^)v

 体形・更紗個体が多いこと・大きさ(後日現物確認します)・頭(かしら)・・・等々、
 一見してせんせのお魚のようです。
f0138974_8314287.jpg


                           ◆

* 昨日、“とある識者さま”とお話しする機会がありました。有難う御座いましたm(_ _)m

 そのいきさつから、私なりに感じた反省と言葉足らずな部分を補正する意味で
 エントリーを立ててみたいと思います。

                           ◆

* いいですか、ちょっと勘違いしないで下さいよ(笑) その一
 
 私の個人的な見解ですが、私が俗に呼ぶ“豊橋系”という浜錦は、まさしく上記の
 形態の金魚そのもの。 ところが以前に触れたかも知れませんが、その豊橋系
 なる形態が素晴らしいのは前提で、至上主義を唱えるものではありませんよ(^^;

 ただ小売り・店頭の段階で色々と表記される個体と区別(差別では有りません)する
 ためにその様に呼称するだけ。そこに優劣が存在するものでも御座いません。
 現在浜松で作られていらっしゃる方もいるでしょう。弥富でもいらっしゃるでしょう。
 九州でもいらっしゃるでしょうし、埼玉にもいらっしゃいます。マイノリティーな方で摂津にも
 三重にもいらっしゃいます。 はたまた「キャリコ高頭パール」ではなく「キャリコ浜錦」を
 作っておられる方も存じております。

* いいですか、ちょっと勘違いしないで下さいよ(笑) そのニ

 ちょっと昔話・・・
 東京在住時(学生時代~)、休日の楽しみは金魚店巡り(^^;真っ先に新宿の某デパート
 屋上で渡辺本系統の浜錦(浜松系)を見たあと、同じ新宿の別のデパートへハシゴ。
 そちらで豊橋系統の浜錦を見ると「あ~、いかにも二流の浜錦だなぁ~・・」などと
 解ったような生意気を吹いていたものでした(笑)
 当時(当時!)はそれぐらい渡辺本系統と他系統とは差が有ったものですが、その後
 豊橋系を含め他系統もご尽力の末、品種を高められ現在に至っている様に思われます。
 後年、作出者のお一人とお話しした際「いい浜錦が見られるように・・」とは言われて
 いましたが、「私が作っていた当時の浜錦とは若干趣が・・」とも言われてました。
 私もそこにはいまだ、強く同感なのです。
 「豊橋系、至上主義を唱えるものではない」というのはその辺りの意味です。

 そして現在、唯一当時(昭和の時代)から残りご努力を続けて来られた特定の生産者様
 の浜錦の中に、いわゆる“浜錦らしい”表現をもつ個体があるのは事実。
 (いいですか、その中には!であって全てでは無いですよ ^^;)
 そこから譲り受けた他の生産者の浜錦も市場(しじょう)に出ているのをよく見掛け
 ますよね。それらも称して“豊橋系”と・・・。

* いいですか、ちょっと勘違いしないで下さいよ(笑) その三

 それでは、現在・現実にある浜錦の豊橋系以外、なぜ記事に取り上げないのか?
 それともダメなのか?・・・いいえ、まったくそんなことは有りませんし、その様に申し
 上げるつもりも更々ありません。 拙ブログで頻繁に豊橋系の呼称が出てくるのは、
 それだけ流通量が多いだけ、ただそれだけです。
 例えば例えば・・・

 リンク先様で大変お世話になっている「フルタニ金魚」さん、「アクアキッズ」さん等では
 店主様オリジナルのルートでオリジナルな系統の浜錦を仕入れて来られますが、
 その素晴らしさは拙ブログで過去に何度もご紹介したとおり。 流通量は限られている
 かもしれませんが、その見事な形態は“より当時の浜錦を彷彿とさせる”ものと
 認識しています。 おそらく生産者様の目指すところに渡辺本系統の“あの姿・形”が
 ありご尽力されているものと想像しています。 

* いいですか、ちょっと勘違いしないで下さいよ(笑) その四

 何度も言いますが、系統や生産者様の名称によって優劣が存在する訳では御座いません。
 その後店頭に並んだ時に、自分の嗜好で判断・チョイスすれば良いだけのこと。
 (ただし“系統”がもつ深い意味を軽々しく論じるつもりもありません。)
 なにも浜錦に限ったことではありませんよね(笑)
 まして現在努力中だったり、個人的に或いはグループ等で各々理想の浜錦を目指す
 方々にエールをお送りすることはあっても、私如き批判したり誹謗中傷する
 立場にありません。

 ただし(ただし!)高頭パールや、いかにも高頭パールの血が濃いと見受けられる形態
 金魚を浜錦とすることには断固否定的です。
 そこを蔑ろにするのは各地でプロアマ問わず、浜錦にご尽力されている多くの方々を
 否定することに相違ならないからです。

 また、高頭パールを浜錦とされる方は、ほんとうの素晴らしい高頭パールの魅力
 を知らないのだろうと思いますし、浜錦の魅力も解っていないと思います。 
 私も大概馬鹿を言い続けていますが、そんな輩は私以上の本物のA-forですね。

* いいですか、ちょっと勘違いしないで下さいよ(笑) その五(最後)

 そんな折、
 私も良く知る“とある識者さま”の元へ、とある○○○○にかかわる著名なお方が、
 色々とご相談を持ちかけられた模様です(^^) そのお話しを伺った私は、その
 “とある識者さま”のところへ相談に来たことがまさしく正しく、「はぁ~良かったぁ~・・」と
 安堵の声を漏らしました。

 その内容は明かせませんが、いずれ正しい情報・知識として我々金魚愛好家のもとへ
 届くことを期待しましょう。 逆に、マスコミや雑誌のもつ多大な影響力を再認識した次第です。
 よかったよ、“とある識者さま”のところで・・・(^^;

 最後に、
 いいですか、ちょっと勘違いしないで下さいよ。これでも書きたい事・言いたい事
 のおよそ半分しか表現していませんよ(笑) 

[PR]
by G-kingyo | 2008-02-20 12:10 | 金魚四方山話

・・・そしてよく融けました

* 今日は久しぶりに晴れ間が覗く。 雪もいっきに融け出し道路も汚れます。
f0138974_15131211.jpg


                            ◆

* 週末のお江戸遊び?の前に、時間に迫られ展示用のチョメチョメを完成させねば
 なりませぬぅ~・・・ あ~ぁややこしやぁ~ ぁ、ややこしやぁ♪(@なだぎ武)

 それはさて置き、こんな素敵な“青いの”出ていたんですねぇ~(^^;

 この角度の画像写真では、いまいち全体の雰囲気が掴みにくかったりしますが(^^;
 この高頭パール、「キャリコタイプで、ブルーの発色がたまたまよい個体!」 では
 ないと思いますよ(笑) 
f0138974_1725720.jpg

 ほらねっ。
 13cmオーバーサイズでそのお値段っ!入手されたお方が羨ましい(^^;
[PR]
by G-kingyo | 2008-02-19 15:37 | よその浜錦(金魚)

どっさり!

f0138974_1013280.jpg

* 昨日は市内で32cmの降雪、同じ市内でも我が家は後ろに山が控えているので、
 風で巻いた風雪も積もり、軽く40cmオーバー・・・車で買い物へ行こうと雪かきを
 1時間たっぷりさせていただきましたよぅ(^^;

                            ◆

* そんな中・・・ 水槽内は平穏無事で、盛りのついた仔もちらほらと。

 当歳(明けて2歳)の5~6cmの小さな個体もイッチョ前に大きな2歳に果敢に挑む!
 いいぞ、その調子で刺激してやっておくれ(^^)
f0138974_10211725.jpg

 
[PR]
by G-kingyo | 2008-02-18 10:22 | 金魚四方山話

やや本格的な

* ・・・降りでしょうか?
f0138974_13431351.jpg


                             ◆

* こちらへも時々ご来訪いただくtokuさんがブログをスタートされました(^^)v
 後ほどリンクさせて頂きますのでよろしくお願い致します m(_ _)m

                             ◆

* ニュースより~・・・

 【透明人間ならぬ透明魚の製作に成功、米医療機関】     2008/2/7
  内蔵などに生じた病変などが外から一目で判る皮膚組織が透明な魚の製作に
 成功していたことが7日、学術専門誌「Cell Stem Cell」に掲載された論文によって
 明らかとなった。
  この特殊な魚の製作に成功したのはボストン小児科病院(Children's Hospital
 Boston)のリチャード・ホワイト(Richard White)博士を中心とする研究グループ。
 研究グループはゼブラダニオ(Zebrafish)の皮膚は3つの色素から構成されている
 ことに着目。その上で3つの色素の内、特定の色素だけを持ち合わせているゼブラダニオ
 を掛け合わせることによって遺伝子操作などの複雑な操作を加えることなしに黄色い
 色素だけを持ち、皮膚が透明に近い魚の製作に成功した。

  研究グループでは、皮膚組織が透明なため、内蔵などに生じた病理変化を外部から
 一目で判別することが可能になると、この透明魚が医療実験で果たす利点を強調している。
 研究グループではまた、ゼブラダニオは遺伝子的性質がヒトに近く実験動物として
 最適だとも述べている。
f0138974_13482931.jpg


 観賞魚という観点からはちょっと方向がずれてしまいそうですが、金魚でもこういった
 タイプ、見てみたい気もします(^^;
 ・・・えっ?!もういるって?(笑)

                             ◆

* とある良識店さまからお電話を頂戴致しました(^^)v
 またいろいろと勉強になりました。有難う御座いました m(_ _)m
 面白くもあり・なかなか難しくもあり・大変で御座いましょうが頑張ってください!
 
 ・・・って、誰と話ししてんの?おれ(^^;
[PR]
by G-kingyo | 2008-02-16 13:59 | 金魚四方山話

それでも暖かな朝で

* 寒波とはいえ、妙に?暖かい・・・やはり地球は温暖化傾向にあるのだろうか?
f0138974_1356069.jpg

 ちなみに・・・

 地球温暖化防止対策は、国際的な「環境利権」のせめぎ合いだと私は思っている。
 二酸化炭素排出規制をいくら頑張っても、温暖化は止められる訳が無いと考える
 一人なんですよぉ~(笑)
 それより、ゴミの分別収集で私のような小市民に掛かる負担を軽減して欲しい(^^;
 分別も収集もその処分方法もナンセンス甚だしいと思いません?
 単に“燃せばいいだけ”と思うのですが..................えっ!ダイオキシンですか(笑)
 世界中のゴミを燃やしても、人体や環境に悪影響を与えるほどのダイオキシン
 は発生しない!というのはもはや正論でせう。 えっ!次はオゾンホールですか(笑)
 統計を採り始めてまだ2~30年程なので、はっきりとした確証は無いそうですが、
 いちおう「台風」のやうな気象現象と、複数の学界で発表され通説となっていますので
 極地で金魚を飼わない限り大丈夫でせう(大笑)

 ほら、この前もあったでしょ!古紙~再生紙問題。ナニをもって「エコロジー」を唱えるか?
 ほぼ「利権」で説明がつきますねぇ~。「金魚を買うから、その無駄な税金返しておくれっ!」
 (爆)

 はて、「環境利権」の国際的リーダーシップを虎視眈々と狙ってるのはだれ?(笑)
 つづきは「本家」ブログにて・・・ん?

                              ◆

* とある識者様と四方山話(^^;
 「何処までも追求しないと、浜錦が可哀想ですよ。」・・・と、有り難いお言葉(笑)
 さて、
 ・どこの生産者なのか
 ・どこの問屋なのか

 ・・・なんて、誰をチョメチョメすればよろしいでしょう(大笑)
 ひょっとして?これも“例の”利権というやつですか?だははっ(核笑)
f0138974_14302196.jpg

 ↑ こんな浜錦が拝みたい。
[PR]
by G-kingyo | 2008-02-14 14:33 | 金魚四方山話

金魚の想ひ出・金魚にみた夢・お母さんに内緒の金魚・・・単一魚種を中心とした、Gと金魚の「愛と偏見」に満ちた?魚ログ


by G-kingyo

プロフィールを見る
画像一覧

リンク

カテゴリ

全体
我が家の浜錦(金魚)
よその浜錦(金魚)
金魚四方山話
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧