<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

正論のひとつでしょう。

* リンク先様の「アンタレス」さんのサイト、そのまたリンク先からたどり着いた
 サイト様をご案内。

* 私は過去にも現在もこちら様のサイトをあまり見たことは御座いませんでしたが、
 大変興味深く拝読させていただくと共に、まさに“正論のひとつ”と賛同しましたので
 拙ブログからもご案内させていただきます。

 もちろんそちらの管理者様とは面識も交流も御座いませんので、全文コペピ
 させて頂くことは叶いません。 ぜひ下記リンクよりご一読を。
 ↓
 「コイ春ウイルス血症(SVC)の対策はこれでいいの?」

 http://8904.teacup.com/papahoryuu/bbs/696




 恐らく・・・
 WEB上で公開出来うる情報と、ご本人の思いを“言葉を選びながら”?投稿された
 ものと感じました。 
 正しい情報発信かと、私は思います。

 (本文より一部抜粋~)
 ・・・“検疫済み“と、まるで特殊なウイルス対策を施しているような文面で
 輸入金魚を販売していますが、キャリア金魚対策などあれば教えて戴きたい。
 もし、不幸にして飼育魚がこの病気を発症すれば、皆さん如何処置しますか?


 無責任に、
 「農水省の検疫措置」と「温度管理」、その後の国内での「10度~15度での15日間
 係留措置」で、コイ春ウイルス血症(SVC)は排除出来る............などの誤解を
 招きやすい無責任なアナウンスや風説に警鐘となれば幸いです。
[PR]
by G-kingyo | 2008-06-06 08:59 | 金魚四方山話

リスクマネジメント~リスクアセスメント~

* 昨夜、いつも色々とご教示頂く“とある識者”様からのご連絡で、ショッキングな
 情報を知りました。

 無責任にこのような拙いブログの場で明かすことは出来ませんが、○○市場から
 出る、○○という品種の金魚に関する、重大かつ深刻なお話です。
 その金魚を扱う売り手側(生産者・問屋)も、買い手側(小売業者)も、その重大さ・
 深刻さを双方が解った上で取引されている?としたら、事態は余計に悲観的です。



                           ◆

* その件に関して、詳しく触れることは出来ない(時期尚早?)ので、リスクという言葉
 を、今一度考えなおしてみましょう・・・

  リスクマネジメント (Risk Management) とは、リスクを組織的にマネジメントし、
 ハザード(危害 (harm) の発生源・発生原因)、損失などを回避もしくは、それらの
 低減をはかるプロセスをいう。

 (中略)経営上、リスクマネジメントは脚光を浴びており、「コンプライアンスから
 リスクマネジメントの時代へ」とも言われている。

 リスクマネジメントとは、リスクを把握・特定することから始まり、把握・特定したリスクを
 発生頻度と影響度の観点から評価した後、リスクの種類に応じて対策を講じる、また、
 仮にリスクが実際に発生した際には、リスクによる被害を最小限に抑えるという一連の
 プロセスをいう。どの会社においても、意思決定を行う際は、当然、暗黙の了解で、
 そういったことをこれまで行ってきたものと思われるが、近年、リスクマネジメントに
 対する意識の高まりを受け、特に、明示的に行われるケースが増えている。



  リスクアセスメント (risk assessment) とは、リスクの大きさを評価し、その
 リスクが許容できるか否かを決定する全体的なプロセスのことである。

 具体的には、リスク分析により明確化されたリスク因子に基づき・・・

 ・リスク因子により組織の財務基盤にどのような悪影響を及ぼしうるかの評価
 ・それにより、どのリスク因子を優先的に対処していくかの優先順位決定
 ・リスク対処のコストパフォーマンスを、上述の財務基盤への影響度も絡めて
 分析評価し、再検討
                                ・・・と言った手順を取る。

 リスクアセスメントとは、リスク管理プロセス内のサブプロセスである。安全工学上は
 リスクとは、人、環境、物に悪い影響あたえる可能性と大きさ(の積)である。予測される
 リスクの可能性と大きさ(予測値)と、許容されるリスクの可能性と大きさ(許容値)を
 比較し、予想値が許容値を上回った時リスク軽減の施策又はリスク回避の施策を
 とるという意思決定を行い、実際にその施策をとり、より安全な状態を実現する
 プロセスをとることになる。このプロセス全体がリスク管理プロセスである。
 このように、リスクアセスメントは、リスク管理プロセス内の意思決定サブプロセスとなる。


                                      (引用:ウィキペディア~)


 ・・・金魚を生業とされているのであれば、一度「社会的道義的責任」も含めて、
 今後の対応を双方にご一考願うもの。

 拙ブログでも、過去に関連エントリーをアップしておりますので、ご興味のある
 お方は、およそ見当が付くかも知れません。
 さぁ~て、どういったタイミングで発表されるのか?或いは、されないのか???
 真摯な対応と処置を望むものです。

 (画像は、我が家の浜錦)
f0138974_1426353.jpg

[PR]
by G-kingyo | 2008-06-04 14:26 | 金魚四方山話

素敵な浜錦たち・・・

* ・・・が、沢山入荷されていますね~(^^)♪ リンク先様の「東葛ペット」さん!
  target="_blank">http://toukatukingyo.blog.shinobi.jp/

 このように数多い入荷の中から自分好みの金魚がチョイス出来ることは、
 とても幸せなことですよねー。
f0138974_14494250.jpg

f0138974_14495369.jpg

f0138974_1450369.jpg


 しかし、頭が立派な明け二歳が多いですね~(^^) 好みの個体をゲットされた
 方達がうらやましい~・・・(^^;


                         ◆

* 一方、こちらでも入荷の模様~(^^) 某・店舗さま。
f0138974_16493252.jpg


 こちら様も可愛らしい個体が沢山ですねー・・・。
 中長手~長手~は居ないかなぁ~(^^;;
[PR]
by G-kingyo | 2008-06-02 14:15 | よその浜錦(金魚)

金魚の想ひ出・金魚にみた夢・お母さんに内緒の金魚・・・単一魚種を中心とした、Gと金魚の「愛と偏見」に満ちた?魚ログ


by G-kingyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリ

全体
我が家の浜錦(金魚)
よその浜錦(金魚)
金魚四方山話
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧