時々こんなエントリーをUpしておかないと・・・w

「浜錦とクラウンパール(高頭珍珠鱗)の違いについて」


まづ初めに、浜錦とクラウンパールは双方とも確立された品種であること。そこが大前提の
お話になります。
とはいえ浜錦の発生の基となったのはクラウンパールです。要するにクラウンパールの方が
歴史が深く、浜錦は歴史が浅い(昭和53年名命)と認識すべきです。
よく巷で噂される検証や風説について触れながら、その両者の違いについて
書き留めてみたいと思います。
ちなみに私は浜錦は浜錦として、クラウンパールはクラウンパールとして双方を愛玩する
愛好家の一人で、両者の間に優劣を付けるものでは御座いませんので誤解なき様に。


1)浜錦は二つ瘤?
あの特徴的な“水泡状肉瘤”は一つ瘤も二つ瘤もオランダ獅子頭状の一般的な肉瘤も
存在します。瘤の形態だけでは判断出来ませんし、それで判断を試みることは無意味です。
さらに付け加えておくと、眼を覆い隠し鰓まで達するほど発達した水泡状肉瘤の
浜錦も居れば、フロッグヘッドの如く小さな水泡状肉瘤を乗せた浜錦も居ます。
また、雄雌で水泡状肉瘤の大きさの違いが顕著に表れ易い品種でもあります。
二つ瘤が浜錦ではなく、浜錦の理想形を二つ瘤と定義しているとお考えください。


2)浜錦はパール鱗?

いいえ、珍珠鱗の発生を主眼において作出された品種ではありませんので、珍珠鱗の発生は
二次的副産物と云えます。作出者の狙いはあくまでも過去の品種で見ることの無かった
“水泡状肉瘤”の発生です。(水泡では無く、あくまでも水泡状です!)
あえて鱗の名称で呼ぶのならば「浜錦鱗」でしょうか?石灰質な珍珠鱗とは一線を画す
特有の形態・表現の個体が昭和~平成初期に多く流通していました。
今日、しっかりと珍珠鱗が乗った浜錦も珍しくありませんが、当時では考え難かった形態です。
ちなみに全く普通鱗の浜錦も当時は数多く存在・流通しており、オランダ浜等の名称で呼称
される場合もありました。
「画像:G-kingyo所有 非流通魚」
f0138974_23294528.jpg



3)浜錦は普通鱗性?
はいその通りです。その後作出者の渡辺氏は「錦と名乗る以上、キャリコ柄(渡辺氏は三毛
と呼称)の魚が相応しい」とし、東錦との交配でキャリコ浜錦にご尽力されましたが、
普通鱗性に比べ肉瘤の発生が乏しく次第に流通も減っていきました。
その当時のモザイク透明鱗性を持つ系統は既に絶えている為、現在モザイク透明鱗性の
浜錦は存在しません。
もしもショップやWEB上で“キャリコ浜錦”等と表記されている個体を販売している場合、
まずその販売店の姿勢を疑うべきです。
仮に問屋などからの流通経路上、伝票が「キャリコ浜錦」とされていたとしても販売店側は
責任をもって品種名を是正する義務が有ります。なぜなら購入者は対価を支払い“契約”が発生
しているからです。間違った品種と知らずに購入した愛好家は被害を被ることに他なりません。
「画像:渡辺氏所有のキャリコ浜錦」
f0138974_23442058.jpg



4)浜錦は丸手じゃないの?
発表当時、丸手も長手も中長手も混在していたのが事実です。今日では丸手+珍珠鱗を
基本とした浜錦が流通のかなりのウエイトを占めています。時代?あるいはニーズの変化?
でしょうか、渡辺系統・作出当時の風情を見せる体形の浜錦は少なくなったと感じています。

その作出者が求めていた体形は定まった意図が存在していました。それは3歳~4歳と肉瘤が
大きく発達するにつれ頭を沈める魚では観賞魚の価値が半減する。ましてや丸手にありがちな
転覆は排除したいとの思いが有った様です。そこで作出者は中長手~長手の魚を理想と
していた節はありますが、そこでも優先はあくまでも“水泡状肉瘤”でした。
「画像:フルタニ金魚倶楽部さん過去画より」
f0138974_23302395.jpg



5)クラウンパール(高頭珍珠鱗)はキャリコ?
その通りです。一見、更紗模様に見えるクラウンパールでも普通鱗更紗はごく稀にしか
存在しておらず流通のそのほとんどが透明鱗性の紅白、いわゆる”桜”タイプです。
その理由は明白で、クラウンパールの発生は中国産金魚各品種の自由交配の中から得られた
特異な形態を持つ珍珠鱗魚、その珍珠鱗魚が透明鱗性だったからです。


6)クラウンパール(高頭珍珠鱗)は一つ瘤?

浜錦の瘤で触れた内容と同じです。クラウンパール(高頭珍珠鱗)とは1970年代後期~
80年代までオランダ獅子頭と同様の一般的な肉瘤を乗せた魚でした。オランダパールとも
呼称されていましたが、正にオランダ獅子頭の体形に珍珠鱗を取り込む意図で作られたと
解る個体も当時は数多く流通していました。

90年代中期以降、“水泡状肉瘤”を乗せる個体が流通しはじめ今日そのほとんどは“水泡状肉瘤”
です。浜錦の血が混入したであろうと容易に想像が付きます。
「画像:Dr tawasiさんのサイトより http://goldfishfreak.web.fc2.com/
f0138974_23304464.png



7)クラウンパールとキャリコクラウンパールは別品種?
いいえ同系統・同品種と捉えるのが理論的に妥当でしょう。中国の広州周辺には優秀なクラウン
パールを数多く出荷する優れた養魚家が複数存在していました。それらは中国の大手商社から
EU圏へ大量に輸出されていました。ところが近年、ニュースソースでお馴染みの環境汚染は
深刻かつ危機的状況で、それら養魚家の多くはクラウンパールから別品種へシフト、或いは
環境の変化に強い別カテゴリーの観賞魚へ移行された養魚家も多いと聞きます。

それに追い討ちを掛ける様に日本国内では「金魚ヘルペスウイルス」が発生し、輸入~管理
~販売に多くの規制が掛けられる事態となりました。
そんな中、キャリコクラウンパールの秀逸な個体は稀でしかもその多くはEU圏へ送られていた
為に日本国内にはごく少数しか輸入されていませんでした。その様な状況が永く続いた為か?
キャリコクラウンパールを特別視・分類する傾向もありその様な誤解が生じたかも知れません。

今後、国産の東錦の様な浅黄色を発色する素晴らしいキャリコクラウンパールが多くの
愛好家の目に触れる事を期待して止みません。
「画像:G-kingyo所有魚(インボイスネーム=ブルーベースキャリコクラウンパール)」
f0138974_23421474.jpg









さてお気づきでしょうか?
ここまでの内容で浜錦とクラウンパール(高頭珍珠鱗)の違いについて概ねご判断付いた方
もいらっしゃる筈です。
私の様なオールドファンは初期の高頭珍珠鱗、つまりオランダパールから今日のクラウンパール
までの変遷を見続けているだけに、実魚に触れた時その両者の異差は一目瞭然です。
しかしながら今日、珍珠鱗の発生が良好で立派な二つ瘤の浜錦を見るにつけ、確かに一見
クラウンパールと似ている?と思わざる得ません。後発であったはずの浜錦はその類似点から
クラウンパールと云う品種に覆い尽くされて仕舞うのでしょうか?

両者の決定的異差は「浜錦=国産魚種」に対し「クラウンパール=中国産品種」であること、
それが全てと云っても過言ではありません。
作出者は日本固有種の艶やかな風情、江戸川流金・日本オランダ・東錦(関東)・らんちゅう
・地金等々にみられる“趣”を持つ品種の仲間入りが本望でした。そこには一定条件の体形・
尾肩・頭・目幅・色合いなどの基準が存在していた筈です。
一方、美しさの嗜好が異なる中国金魚。独自性や奇異性・変異~発達などは多くの日本の愛好家
達の心を掴みましたが、それは日本金魚に求めた美しさや可愛らしさとは別のものです。
近年では中国や東南アジアの大型ファームから輸出される品種の中に日本基準、或いはそれ以上
の立派な個体を見ることも出来ます。しかしそこに迫力やオリジナルティーは見出せても、日本
固有種の“趣”までも汲み取ることはやはり困難です。

クラウンパールは浜錦に見られない丸く膨らんだお腹を持ち、それは上見からも横見からも
顕著です。また特徴的な珍珠鱗の発生はボディー全域にわたり、クラウンパール同士の交配では
その発生率・遺伝率はかなり高いです。
一方浜錦では珍珠鱗はやや劣性遺伝で、現在なお珍珠鱗もあれば普通鱗も、また浜錦鱗と
呼ばれるその中間タイプの鱗も見られます。またクラウンパールほど腹部の膨らみは顕著では
ありません。体形もやはり丸手から長手まで個体差は有りますが、クラウンパールでは長手と
云える様な表現の個体はほとんど発生しません。
両社の異差が解り易いのは体形と鱗の表現です。

中国産のらんちゅうやオランダ獅子頭や東錦を、さも国産魚の如く扱い販売する店舗は存在
するのでしょうか?その様な事例はあまり耳にしませんが、別品種名クラウンパールと名が
有りながら、それを浜錦と名乗って販売されているケースは未だ絶えません。
Q&Aで触れたように浜錦にはキャリコも桜も黒も五色も存在しません。
一代雑種的に浜錦×クラウンパール、或いは他品種との交配で得た個体も見掛けた事例は
ありますが良心のある養魚家、浜錦やクラウンパールを愛する養魚家は決して浜錦と名を
付けない筈です。
また反対に、ごく少数ですが発表当時の浜錦を再現すべく作出者渡辺氏の系統に近い姿の浜錦
を繁殖されている養魚家の方がいらっしゃったり、本当の意味合いでキャリコ浜錦を追い求め
られている養魚家の方もいらっしゃいます。現在市場に流通の多い姿・形態の浜錦ばかりが
浜錦ではないと付け加えておきます。

作出者渡辺氏の浜錦の系統は既に絶えています。当時の様な風情を醸し出した浜錦は二度と
見られないのでしょうか?作出者は何を求めて浜錦に精力を注ぎ込まれたのか、何に対して
新品種としての差別化を図るべく累代繁殖を繰り返してきたのか。
その原点を探り想い馳せれば、さらに浜錦とクラウンパール(高頭珍珠鱗)の違いは明確に
なる筈です。

浜錦とクラウンパール(高頭珍珠鱗)の違いをより一層混乱させた要因は、ひとえに問屋~小売店
に有ると言って過言ではありません。その後風説を交えて事の真意はあらぬ方向にまで飛躍した
時期もありました。
専門誌・刊行雑誌・WEBページ等の情報を鵜呑みすることは危険です。なぜなら取材者ご本人の
知識見識・取材時期(年代)のタイミングによって。あるいは出版スポンサーの意向の反映まで
もが情報を操作、歪曲する可能性が排除出来ないからです。
事実、私自身が作出者渡辺氏ご本人から聞き得たお話と、某有名観賞魚雑誌のレポート文面
とでは相違が数多く存在し「これだけは聞き逃さないだろう・流石にココは合致している
だろうと」云う点まで食い違う有様でした。
自分の目で数多くの浜錦とクラウンパールに触れることが両者の違いを求める最短・最善の
方法だと私は思います。
「画像:鈴木養魚場 浜錦×東錦F3魚」
f0138974_22593021.jpg


最後に・・・
このエントリーを読まれているあなたは浜錦とクラウンパールをそれぞれ3歳~4歳と育てた
経験は御座いますか??

            ********おわり********
[PR]
# by G-kingyo | 2015-11-21 23:44 | 金魚四方山話

超弩級===3w

f0138974_046422.jpg





こんな金魚が入荷するお店・・・早々あるわけでは御座いません(^_-)-☆

・・・今週のキーワード♬

分配!

ガムシロップ




で、いかがでしょうか?(笑)
[PR]
# by G-kingyo | 2015-11-20 00:50 | よその浜錦(金魚)

大事件==3わかります?この魚影・・・

https://www.youtube.com/watch?v=oUHMrH2c2ag

”面影の彼方に”


わかる?

わかりまつか?

f0138974_012715.jpg

f0138974_014894.jpg

f0138974_02193.jpg


ちょっとした・・・

いいえ、大事件!!ですw





ここに至るまでの


ご苦労は計り知れませぬ。




気になるそこの

大きなお友達!w

”あの”お店・・・

そぉ~っと、

覗いて

見てご覧ん~♬





わっかるかなぁ~・・・

わかんね だろなぁ~~♪


f0138974_033546.jpg

[PR]
# by G-kingyo | 2015-10-29 00:03 | 金魚四方山話

もうすぐ♫春ぁ~るですねぇ~♪

f0138974_17574787.jpg







兎に角、
なんとも
言葉も
御座いません!

[PR]
# by G-kingyo | 2015-03-19 17:58 | よその浜錦(金魚)

会社の片付けをしていると・・・w

古い本が・・・ん!? 
だからってナニ?ww

f0138974_15474471.jpg
f0138974_1548288.jpg

[PR]
# by G-kingyo | 2015-01-29 15:47 | 金魚四方山話

フルタニ金魚倶楽部さん へご訪問

色々とまたお勉強させて頂きましたm(_ _)m
f0138974_17504485.jpg

[PR]
# by G-kingyo | 2014-12-08 17:51 | 金魚四方山話

!!!!!!!!!!!!!!!

20世紀

そして・・

今世紀

最大の

高頭パール


(=クラウンパール=皇冠珍珠鱗・・・)

大事件です==3==3

こんな系統が

残っていたとは!!

嬉しい限りです

(^_-)-☆
















あ、そうそう・・・お話に出た¥2.980の仔が
f0138974_05992.jpg

過去ログを見てみますると18cmまでは記していたようですが、
最終的には、ほぼほぼ20cmまで至りましたよ~~\(^^)/
f0138974_105150.jpg

立派になるモノですね。
[PR]
# by G-kingyo | 2014-12-05 01:02 | 金魚四方山話

よっ!(^_-)ご無沙汰・・・

あまりにアクセス数が多かったのでエントリしてみたり・・・(笑)

(こんな過疎ページに450/日 カウントは多杉ジャマイカ?www)





そんなこんなで・・・
此方をご覧の賢明な諸氏ならば、拙ブログページの過去ログを“ザッ”っと薄読み&深読みして頂ければ
私目の言わんとする「浜錦」に関する説明・論旨はご理解頂けるかと!emoticon-0105-wink.gif

ところが世の中、そうでない方も沢山いらっしゃるのが古今東西・・・w

>浜錦と高頭パール(=クラウンパール)の決定的な相違点は?
>浜錦は高頭パール×水泡眼魚との交配で出現した?
>一つ瘤は高頭パールで、二つ瘤が浜錦なの?
>体の鱗はどちらも珍珠鱗(=パールスケール)でしょ?


・・・なんて、返す言葉も御座いませんが、なにか?(笑)


宜しいですか??
私はご存じの様に、古くから(発表当時から)浜錦を愛好するファンの一人であって、当然の如く、
私が浜錦を作った訳でも無く・私が浜錦を定義する訳でもなく・私が高頭パールと混同させた訳でも無く
・私が人様所有の浜錦に対して酷評した訳でも無く・私が浜錦という品種の金魚を、より一層解り難く
した訳でも有りません。

私が拙ブログページで繰り返し繰り返し、何度も何度も同じネタをエントリしている要点・論旨は・・・

>既に系統の途切れた、発表当時の浜錦の姿
>現在の浜錦
>生産者ではなく(ココ重要!)、浜錦の流通ルートから小売店に至るまでの経緯
>浜錦 という名の指す意味
>引き合いに出される“高頭パール”という素晴らしい品種


・・・に語宅を並べていた筈www

>「奥歯に物が詰まった言い回しばかりをするな!!」
>「本当は浜錦(金魚)について良く知らないクセに!!」
>「作出者の名や高名な養魚家の名を出して威厳を醸し出すな!!」
>「そうして浜錦について知った気になり、自己陶酔してんじゃねぇ!!」
>「有名小売店で、お前の言ってることと全く正反対な意見も在るぞ!!」


と、一部の賢明ではないお方の声が“遠回し”に聞こえたりしましたが(笑) 本当のこと・全てを
この様なブログページ・WEB上で公表することこそが浜錦ファンの一人として在るべき姿でしょうか?

私、一個人が知り得る情報や知識はたかが知れたものですが、そこには特定の商社や特定の企業名、
特定の養魚家や特定の販売店、特定の個体等々・・・全て公表・羅列しないと、この「一部の賢明ではない
お方」達はどうやら理解出来ないらしいですね。
(ついに言っちゃった・・・)emoticon-0110-tongueout.gif

同じ浜錦ファンとしては寂しい事ですが、そういった一部のお方とは、何ら論旨が噛み合わないのは
明白ですので一切!関わり合うことはご遠慮致します(笑)。 どうぞ!他所で存分にホザイテ下さい。
ただ、私は元来とても人様に親切な性分で(爆)、そんな解らず屋さんにも沢山のヒントや助け舟は
提供してきました(笑)




そこで、偶然にも!
作夜タイムリーに、とある金魚へ造詣の深い御仁様へお送りした文章を以下に添付致します。
当然、「特定の商社や特定の企業名、特定の養魚家や特定の販売店、特定の個体等々・・・」に抵触
する部分は潰しておりますので私の主旨はご理解下さい。

・・・一つ瘤浜については、兎にも角にも巨大な水泡状(・・・あくまでも“状”であって、内容物は
ゼラチン質)肉瘤を***氏が追及。
当時「****」が頻繁に輸入していた“高頭P”との差別化・区別化を計る為に **瘤+**鱗が
理想形で、尚且つキャリコ柄までも目指し選別・淘汰に尽力された。

また***氏は「・・浜錦という名が付くからには国産血統金魚の蘭躊や関東東、オランダの様に
国産魚としての風情が無いといけない。」と云い、体形・尾形・色・柄まで理想と拘りを持ち続けて
いました。

ところが元親“高頭P”そのものが複数品種の自由交配の中で作出されており、その中には珍珠鱗魚は
もとより、水泡眼魚も青文魚も寿星も・・・。
それを「****」の***が口から出まかせ?に「水泡眼の血でも入っているんでしょうかねぇ?」と
口を滑らせたのが事の発端。***氏本人の口からも聞いているので間違い無いでしょう(笑)

さらに「****」の***は***氏へ、3歳にもなるとヘッドヘビーで沈んで仕舞う様でな魚では
観賞価値が半減するとし、本来の理想形から逸脱する指示を出し***氏へまだ未熟な
明け2歳魚からどんどん**する様要請。
更に追い討ちを掛けるかのごとく、***幹部は当歳・親魚候補選別前の魚も「高値で捌けるから・・
@ニヤリ」と広く流通させてしまった。
そこには***氏の本意では無い、いわゆる“高頭P”に類似した個体が数多く含まれ、現在に至るまで
その様な愚かな議論が続いている。





ぁあ~~・・・私って、本当に親切ね!?(笑)
では!emoticon-0103-cool.gif
[PR]
# by G-kingyo | 2013-11-21 17:54 | 金魚四方山話

ニュース悲喜交々・・しかし、暑いよね、、、

引用~
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130710/wlf13071013270022-n1.htm




引用~
http://netnavi.appcard.jp/e/quwn
[PR]
# by G-kingyo | 2013-07-12 19:15 | 金魚四方山話

「奇跡、マンホールに2匹 工事中に発見」

奇跡、マンホールに2匹 工事中に発見 鳥取・米子
毎日新聞 3月28日(木)17時27分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130328-00000007-maiall-soci

f0138974_023541.jpg


◇暗くて餌なく「何年ここで生きてきたのか」

 耐震化工事中の鳥取県米子市公会堂(同市角盤町2)の敷地にあるマンホール内で赤色の
金魚2匹(体長約12センチ)が見つかった。2匹がいたのは暗くて餌のない場所で、工事関係者は
「何年ここで生きてきたのか。奇跡だ」と驚いている。

工事担当会社の山陰支店長代理、和田敏男さん(52)が2月下旬、点検のためマンホールの
ふたを開けて見つけた。「赤い色が見えたが、まさか金魚とは。内部は水たまりと泥だけで、
餌になるものはなかった」。
現在、和田さんが会社で水槽に入れ、餌をやりながら保護している。雌雄は不明。

 マンホールの内部は、すぐ横の鑑賞用の池(直径8.6メートル)とつながる排水溝で、池との
間にはごみよけネットが付けられている。
公会堂の後藤哲郎副館長は「金魚が小さい時に池からネットを抜けてマンホール内に入り、
成長したため池に戻れなくなった」と推理する。
昨夏、池にいた小魚約60匹をすくい上げて旧加茂川に放流したが、2匹には気づかなかったという。

 公会堂の工事は来年2月に完成し、同3月にはリニューアルオープンする。
池や排水溝は撤去されるため、金魚の戻る場所はなく、和田さんは「どうしたものか」と思案中だ。
【小松原弘人】
[PR]
# by G-kingyo | 2013-03-29 00:21 | 金魚四方山話

金魚の想ひ出・金魚にみた夢・お母さんに内緒の金魚・・・単一魚種を中心とした、Gと金魚の「愛と偏見」に満ちた?魚ログ


by G-kingyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリ

全体
我が家の浜錦(金魚)
よその浜錦(金魚)
金魚四方山話
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧